• モスラ対ゴジラ/静之浦決戦

    [メーカー] 酒井ゆうじ造型工房  [原型] 酒井ゆうじ  [サイズ種類] ゴジラ全高20㎝ モスラ込み42㎝ 種類:レジン ベースサイズ:620×500

    酒井ゆうじさんのキット「モスラ対ゴジラ/静之浦の戦い」を使用して製作しました。
    キット以外のジオラマ部分はフルスクラッチ製作です。この作品は、ご依頼主様よりお任せと云う事で製作しました。キットの形状で考えますと場所設定が限られてしまいジオラマに不向きなシーンになりますので、、、思い切って卵を展示している静之浦ハッピーセンター前の戦いにしました。本来は、この様なシーンはありませんが、ゴジラから卵を守る為に戦うシーンで演出しました。架空のシーンになりますが、楽しんで頂けたかと思います。

  • 機龍VSゴジラ/都心破壊

    [メーカー] SHINZEN造形研究所  [原型] 竹内信善  [サイズ種類] NONスケール 種類:レジン ベースサイズ:930×700

    SHINZEN造形研究所さんのキット、機龍メカゴジラと機龍ゴジラを使用してジオラマ製作しました。ご依頼主様より預かった、ご希望のレイアウトの図面を元に製作しました。
    随所の変更はあるものの、ご希望に沿ったジオラマが出来たかなと思います。立体の高速道路、タンクローリー車の炎上、ビルの色々な倒壊等、可能な限り詰め込みました。
    もちろん劇中では、この様なシーンはありませんが激しいバトルシーンが伝わればと思い製作しました。ジオラマサイズもかなり大きく迫力があります。

  • ウルトラマンVS三面怪人ダダ

    [メーカー] オーバーグランド.  [原型] 橋本 智  [サイズ種類] NONスケール レジン レジン ベースサイズ:580×475

    ウルトラマンとダダの対決シーンは、誰でも記憶に残るシーンが沢山ある対決です!
    劇中を再現した、宇宙線研究所での戦いをジオラマにしました。ご依頼主様の希望でウルトラマンの目は、クリアパーツに変更し製作しています。ウルトラマンとダダの戦いが蘇ってきますね、、、楽しんで頂けるジオラマが出来たかと思います。

  • キングギドラ対ゴジラ/三大怪獣の決戦

    [メーカー] ボークスjr.  [原型] 畑中 正義  [サイズ種類] NONスケール レジン
    ベースサイズ:585×430

    ボークスさんのキット「初代キングギドラ」と「ゴジラ」を使用して製作しました。キット以外のジオラマ部分はフルスクラッチ製作です。この作品は、ご依頼主様より預かったキットを使用しましたが、ゴジラ・ギドラ・モスラ幼虫其々のサイズが合っていなくて、ギドラに対してゴジラ・モスラ幼虫のサイズが大きくて段差を利用したジオラマベースにて製作し雰囲気でサイズ違いを気にならない様に工夫しました。
    ベースサイズは、58センチ×43センチとコンパクトサイズです。

  • ゴジラの逆襲/大阪城の戦い

    [メーカー] ボークスjr.  [原型] 造型村  [サイズ種類] NONスケール レジン ベースサイズ:440×520

    ボークスさんのキット「ゴジラの逆襲」逆ゴジとアンギラスを使用して製作しました。キット以外のジオラマ部分は80%スクラッチ製作です。大阪城は、インジェクションキットを使用して、天守閣部分は崩れかけのように傾斜させています。大阪城での最終決戦を再現したジオラマ作品です。ベースサイズは、52センチ×44センチとコンパクトサイズです。

  • ゴジラVSガメラ/大阪決戦(架空対決シリーズNo.1)

    [メーカー] T'Facto  [原型] 山脇 隆(ゴジラ破壊神)ガメラはCCP製ソフビ  [サイズ種類] 全高25㎝(ゴジラ) レジン ベースサイズ:900×740

    この作品は、怪獣映画ファンなら誰しもが考えるゴジラとガメラを戦わせたらどうなるのか?をテーマに架空対決シリーズとして、ジオラマに再現してみました!設定場所は、大阪御堂筋界隈での戦いです。ゴジラがガメラに向って川を跨いで前進して行く様を現しました。映画上でのサイズ設定は、破壊神ゴジラが全高60メートル、ガメラ3が全高80メートルになりますので、それに合ったサイズのキットを使用しました。裏話ですが、キットを探すのにはかなり苦労しました(^^;

  • キングコング対ゴジラ/熱海城 最終決戦

    [メーカー] イノウエアーツ  [原型] 井上 雅夫  [サイズ種類] 全高30cmレジン ベースサイズ:830×600

    井上雅夫さんの伝説のキット「熱海城キンゴジ」を使用して劇中の名シーン、キットの通り熱海城を囲んでの最終決戦のシーンを再現してみました。キットのベース部分は使用せずに数々の資料を元に城の裏側も忠実に再現し、城の破壊された箇所の再現には、木材を使用し可能な限りリアルを求め再現してみました。また、城周辺も出来る限り再現、本来は城正面には橋が架けられているのですが、それも再現となりますと、とてつもなく大きいジオラマになりますし、劇中でも再現していなかったので省きました。

  • デスゴジ/イージス艦破壊‼

    [メーカー] 田中ミュージアム工房  [原型] 島本 敬太  [サイズ種類] 1/330スケールレンジ

    田中ミュージアム工房さんのキット「ゴジラ19951183℃怪獣王の終焉」を使用してジオラマ作品にしてみました。通常は、キットのテーマ1183℃怪獣王の終焉なのでそれを再現するのでしょうが、、、もっと違った状況でのジオラマ作品にしたかったので‥又、湾内に停泊しているイージス艦を作りたかったので、厳しい表現ではありますが、イージス艦を湾岸迄押し上げて、真っ二つに破壊して雄叫びをあげているシーンにしてみました!イージス艦は、インジェクションキットを使用しています。

  • ゴジラの逆襲/大阪蹂躙 VSアンギラス

    [メーカー] 浅井造型 [原型] 浅井 篤  [サイズ種類] 全高30㎝(ゴジラ) レジン ベースサイズ:1020×710

    浅井造型さんのキット「ゴジラの逆襲/大阪蹂躙」逆ゴジと暴竜アンギラスを使用して製作しました。キット以外のジオラマ部分は90%スクラッチ製作です。湾岸沿いにある工場地帯での本土ファーストバトルシーンを再現したジオラマ作品です。ベースサイズは、102センチ×71センチと巨大です。おそらく日本一巨大な「ゴジラの逆襲」ジオラマ作品になると思います。

  • アボラス対バニラ/国立競技場の死闘!

    [メーカー] ボークス [原型] 川岸 敬厳  [サイズ種類] 全高20㎝弱 レジン ベースサイズ:770×580

    ボークスさんのキット「アボラス」「バニラ」を使用して、劇中の名シーン旧国立競技場内での対決シーンを再現してみました。怪獣2体以外は、全てフルスクラッチにて製作しています。旧の国立競技場のデーターや周りの地形も資料に基づきリアルに再現しました。サイズ感ですが、本来は怪獣のサイズに合わせると国立競技場は、もう少し小さくなります。ですが、バランスを考えたスケールにも拘って製作しています。

  • ぺギラが来た!/マイナス130度からの脱出!

    [メーカー] ビリケン [原型] 金網 幸弘  [サイズ種類] 全高30㎝ ソフビ ベースサイズ:710×440

    ビリケンさんのキット「冷凍怪獣ぺギラ」を使用、後はインジェクションキットの「南極観測船ふじ」です。他のジオラマ部分は全てフルスクラッチにて製作しました。劇中の観測船は、ふじでは無く「鷹丸」ですので、ふじを鷹丸に改造しました。 各所にLEDを使用し、大破したヘリに火柱が点滅するようにリアルに再現しました。 あと、遊び心でベースのサイドに氷漬けになった行方不明の死体を発見した犬の三郎を配置、傍らに緑の苔を散らしました。ベースとなる雪の表面には、光り輝くスノーダストを表現しています。

  • 海底のオキシジェン・デストロイヤー

    [メーカー] 仁工房 [原型] 田中 雷  [サイズ種類] 全長62㎝ FRP・金属 水槽サイズ:900×450

    当工房のオリジナルキット「オキシジェン・デストロイヤー」を使用、ゴジラを骨化した後の、海底に沈んだ使用済みのオキシジェン・デストロイヤーを再現してみました。

  • ウルトラホーク3号スタンバイ!

    [メーカー] バンダイ [原型] 不詳  [サイズ種類] 全高約8㎝ レジン  ベースサイズ:380×550

    バンダイのメカコレクションのインジェクションキット「ウルトラホーク3号」を使用して、二子山の秘密基地を再現したジオラマに製作したものです。作品タイトルは、ウルトラホーク3号スタンバイ!です。 滝の内部の発射スペース各所にLED電飾を配備本物さながらに再現したホーク3号の基地です

  • ウルトラマンVSネロンガ/変電所の対決

    [メーカー] ボークス [原型] 大石 武司  [サイズ種類] 全高25㎝ ソフビ ベースサイズ:650×460

    ボークスさんのキット「ウルトラマンVSネロンガ」を使用して、劇中同様の名シーン変電所内での対決シーンを再現してみました。ウルトラマンとネロンガ以外の変電所は、フルスクラッチにて製作しました。スケールにも拘って製作しています。

  • ウルトラセブン/ホーク1号発進せよ!

    [メーカー] バンダイ  [原型] 不詳  [サイズ種類] 全長10cmインジェクション ベースサイズ:630×510

    バンダイのメカコレクションのインジェクションキット「ウルトラホーク1号」を使用して、二子山の秘密基地を再現したジオラマに製作したものです。作品タイトルは、ウルトラホーク1号 発進せよ!です。 各所にLED電飾を配備本物さながらに再現したホーク1号の基地です

  • 海底軍艦/轟天号インドック

    [メーカー]   [原型] 村上 寛  [サイズ種類] 全長35㎝ レジン ベースサイズ:730×370

    ダイモスさんのキット「海底軍艦 轟天号」を使用、海底の基地ドックを再現してみました。ドック部分はフルスクラッチにて製作しています。出来る限りリアルを追求し、資料を元に製作しました。前方には、水中扉の射出ルーム貯水箇所まで製作しました。随所にはLED電飾を使用しています。

  • 空の大怪獣ラドン/福岡の攻防

    [メーカー] 浅井造型  [原型] 浅井 篤  [サイズ種類] 全高30cmレジン ベースサイズ:740×510

    浅井造型さんのキット「空の大怪獣ラドン/福岡の攻防」を使用して製作しました。
    ジオラマ部分の岩田屋ビルは、最初から枠組みだけのキットがありましたが、ディテールアップして、また周りをスクラッチで詳細に再現してみました。

  • ウルトラマン/科学特捜隊基地

    [メーカー] 仁工房  [原型] 田中 雷  [サイズ種類] 基地のみ14cmレジン ベースサイズ:730×590

    当工房のオリジナルキット「科学特捜隊基地」を使用、更に周りの部分を広げて出来る限りリアルな科学特捜隊基地を製作しました。いずれ、ウルトラマンの最終回ゼットンとの死闘のシーンも加える予定です。随所にLED電飾を使用しています。

  • ウルトラセブン/ポインター格納庫

    [メーカー] フジミ  [原型] 不詳  [サイズ種類] 1/24 インジェクション ベースサイズ:600×390

    フジミのインジェクションキット「ポインター」を使用して、ポインターの車庫を製作しました。地上も表現したかったので、切り取りに苦労しましたが何とか納めました。随所にLED電飾を使用しています。

  • メカゴジラ玉泉洞インドック

    [メーカー] MM28  [原型] 丹羽俊介  [サイズ種類] 全高35cmレジン ベースサイズ:600×450

    モンスターメーカー28さんのキット「メカゴジラ」を使用して、沖縄・玉泉洞地下の秘密基地 ドックを製作して見ました。地上に出るための上部の出入り口は、雰囲気程度にしましたが、近々開閉できる仕様のドックも計画しています。随所にはLED電飾を使用しています。

  • 大魔神現る/城門崩壊!

    [メーカー] 仁工房  [原型] 大山和則  [サイズ種類] 全高36cmレジン ベースサイズ:630×470

    当工房のオリジナルキット「大魔神」を使用して映画劇中のシーン、城門を破壊する様をジオラマにした作品です。大魔神のキットは、仁王立ちのポーズの物でしたが、一部腕を形状変更して使用しています。

  • キンゴジ/北方軍事基地襲撃

    [メーカー] 仁工房  [原型] 竹添 展  [サイズ種類] 全高32cmレジン ベースサイズ:730×440

    当工房のオリジナルキット「キンゴジ」を使用して、ゴジラが、眠る氷塊から復活したあと原潜を襲い、某国軍事基地を破壊するシーンを再現したジオラマ作品です。随所に破壊した後、爆発炎上する箇所にはLED電飾を使用しています。

  •  過去のギャラリーはこちらよりご覧ください